池袋演芸場

演者の息づかいまで感じられる落語寄席

池袋には日本伝統のお笑い文化、落語を楽しめるスポットまであります。  

池袋演芸場は、新宿末廣亭、浅草演芸ホール、鈴本演芸場とならび、現存する数少ない東京の落語定席のひとつ。戦後の1951年の創業と落語の世界では新しい寄席で、伝統的に客足が悪いことでも知られ、芸人さんの間でネタにされることもしばしば。ネタにされるほど愛されている場所でもあります。  

他の寄席とは違いひとつひとつの演目が長いのも特徴で、決して広くない空間とも相まって、どの席にいても芸人さんの表情や息づかいが近くに感じられるのが池袋演芸場ならではの魅力。  

上席と中席はいちど入場料を払えば昼夜入れ替えなしで楽しめるので、コストパフォーマンスも抜群。ローカルのおじいちゃんおばあちゃんに混じって、お弁当やお菓子を持参して、まったりと楽しんでみるのも一興です。  

Find Information

池袋演芸場
[TEL] 03-3971-4545
[住所]東京都豊島区西池袋1-23-1 エルクルーセ
[入場料]※入場料は公演内容により変動があります。詳しくはHPをご覧ください。
http://www.ike-en.com/info/index.html

[アクセス]東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線 池袋駅 徒歩3分